top of page

徒然なるままに
雲龍風虎

​うんりょうふうこ

​双蘭算命学オフィシャルブログ

『雲龍風虎この世は似たもの同士が互いに惹きつけ合うもの。いつかの「想い」が誰かのためとなるように

IMG_5148.HEIC
  • 執筆者の写真双蘭

【円環する時間】一年の終わりに稼働する「西方の星」

更新日:2023年11月18日



時間は円環してまためぐる


只今、オンラインサロンでは、わたしたちの人生と運命が、互いに「地繋ぎで」連動し合っている「運命の構造」について解説しています


多くの方に有益かと思いますので、本日はサロンの投稿

『一年の終わりに稼働する西方の星』の一部を、一般公開させて頂こうと思います



(※一部内容を公式ブログ用に改変してお届けいたします)





さて、秋本番といいうことで、あっという間に今年も残り僅かとなってきましたね?

一年の春夏秋冬は、それぞれ「宇宙の視点」に立つと「時間」を意味しています




先日のサロン勉強会『引き寄せ2.0-第三弾-原理編』でも、「時間」の性質について触れてみましたが、今一度みなさんと一緒に「時間」について確認してみますと



時間は「天」にあって、天体がもつ『万有引力の法則』となり、「引力=重力」が副産物的に時間を生み出し




それが、わたしたちが生活する「地上」にあっては、自然界の「四季=時間」をもたらし、「人」にあって「肉体の年齢=時間」のことを意味しています



これら三者は宇宙の原理原則(天)がもつ「引き寄せる」という動力が、それぞれ枝分かれしたものですが、元々は「同じ構造」のことを言っています


そのため、東洋の運命学は古代より「肉体の時間」に着目し、その解析のために「生年月日」という「肉体」を分析する先に、その肉体におおよそ宿るであろう「霊魂の気」を解析しようとしました



これが運命学の原点です




つまり肉体の性質を直接的に分析し、そこに宿るであろう霊魂を間接的に推し量ろうとしたわけです

なぜなら、自然界というのは「物質」に宿る「気」が

「器=物質」と一致しているのが「自然」だからです



野のうさぎにはウサギの気が

樹木には樹木の気が

山には山の気が

川には川の気が「内包」されているのが自然の姿です



ゆえにわたしたちに「生年月日=肉体」の性質を調べる先に、その「肉体」におおよそ宿るであろう「気」の性質を導き出そうとしたのが、古代東洋の運命学であり





つまり運命や人間の性質の解析に「生年月日」を活用するのは「肉体」の性質を調べるから、ということが何となく理解できるのではないでしょうか?



人間の一生という視点で「時間=肉体」を説明すれば



0歳の赤ちゃんと、30歳の青年と、60歳還暦を過ぎた「肉体」に宿る霊魂は異なりますので、必然的にここに「心の性質の異なり」が生まれるようになります



加齢とともに「肉体の年齢=時間」が変化すれば、肉体の中に宿る「霊魂」も変化していくのが至極当然の自然の理(ことわり)です



つまり「天の気」は「天体に動き」をもたらし(=道理)

それが「時間」となりますが


その動きに従って自然界は「季節」が生まれ

人間にあっては「年齢」となります



これらすべては「時間」が三者三様に、表現を変えた「枝葉」の姿であり、

枝葉の現象の行方を把握するためにその「根本原理」を学ぶのが算命学です




一年の終わりは「西方」に帰結する?


こうして「時間」の推移により、わたしたちの「肉体」と、その中に宿る「気」の性質も変化することになるわけですが


それに伴い、わたしたちは「一年の終わり」において、誰しも人体星図の「西方の星」が稼働することになります



今までサロン内では人生のすべてを回すために、「東方の星を稼働させましょう!」とせっせと解説してきたのですが、東方の星というのは人体星図の中でも取り分け重要な起点であり




わたしたちが自分の「人生のスタート」させる先に、「世の中で役目を果たす」ことに繋がり、それが結果的に「お金になる機会獲得」に恵まれる、「世の中から必要とされる」「自然の摂理から生かされる役目役割」が成立する、という「人生の仕組み」を解説してきました



そして、東西南北の「西方」については、サロン内でも初めてお話しすることになりますね



予備知識として「西方」を簡易的に解説すると、





西方は東方から昇った陽が沈む場所であるため、ゆえに「物事の終わり」「成果結果」「蓄財」「家庭・配偶者」「側近・腹心」など、物事の終盤で目に見える形のある世界であり(結果成果・評価・資産・家庭)




自然界(季節)では、春に蒔いた種の成果・結果を刈り取る、豊穣の季節「」を表します


それに従って人間も「一年の終盤」にかけて「西方の星」が稼働することになり、すると一年の「終わり」において「西方の星が意味する事柄」において、何かしら思うことがある…といった心境や境地に立つ「仕組み」をしています


サロン勉強会や今までのコラムでも解説している通り、大原則として、

天と地(自然・季節)と人の心は連動していますからね?(『天地人三歳』



サロンでは具体的に「一年の終わり」に、皆さんがどんな「境地」に到達するのか?(西方:現実の終わり・結果・成果の世界)〈全10種〉を解説しています




一年も終盤に差し掛かってきましたので、色々な経験を経て皆さんの「西方の星」に現実は終着点を迎え、そこに「思うことあり」と何かしら学びがある先に




丁度人間の遺伝子(DNA)が螺旋の構造をしているのに等しく、時間もまた来年一年へと円環してめぐり廻っているのが「時間の本質」です





双蘭


\新規算命学のコースをリリース予定/

今まではプロの鑑定士育成に特化した、算命学の技術を網羅的に学べるコースのみのご用意でしたが、もっと気軽にやさしく算命学を学べる【※自分探究コース】を今後解説予定です

※コース名未定



有料コンテンツ『秘伝書:天中殺事典100選』 天中殺期間中の「結婚」「出産」「起業」「不動産購入」「経営」に起こる現象とその対策を100種類に渡り解説しています



\【スタンダードコース】再募集いたしました/

東洋思想コラムと月一の勉強会にて、人生をより豊かに深める「智恵」を皆さんに紹介しております。算命学をお勉強されていない方でも大丈夫なようなコラムを配信していますので、お気軽にご参加ください



不定期募集ですが、ご質問だけでもOK!

\お気軽にお問いわせください/


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments