top of page

徒然なるままに
雲龍風虎

​うんりょうふうこ

​双蘭算命学オフィシャルブログ

『雲龍風虎この世は似たもの同士が互いに惹きつけ合うもの。いつかの「想い」が誰かのためとなるように

IMG_5148.HEIC
  • 執筆者の写真双蘭

「正当」な算命学、何を学ぶかではなく、誰から学ぶか?

更新日:2023年8月19日





算命学の生徒さんから頂いたご質問に回答している中で、たまたまわたしが「認識」していた命式(陰占)と、生徒さん自身が書き記されていた命式に相違がありました



命式が間違っている趣旨をお伝えしたら、何と急遽ネットで算出した無料の命式がそもそも間違っていたことが分かり、つまりとあるサイトの「命式」そのものが間違っており


どう間違っているのかといえば、生年月日の干支の「場所/位置」が全く以て真逆になってしまっていたのです


本来下記の通りです


【正】      

日月年

柱柱柱


【誤】

年月日

柱柱柱



算命学を学ばれてない方や、学ばれて日が浅い方は、なぜそんなことが大事なんだと思われるかもしれませんが




算命学は「天地」の森羅万象において「東西南北」という宇宙的な「方向」から、わたしたちを取り巻く、ありとあらゆる事柄を「方向分類」する学問のため



この万物の基点となる生年月日の「東西南北・中央」を書き記す「場所・方向・配置」が異なっているということは、その後に展開されるすべての「技術=法」がことごとく程をなさないことを意味しています


(それほどに根底から覆すほどの恐ろしい間違えだということです)


【命式の場所と意味】      

日月年

柱柱柱


【方向分類】 自分・南・北

西・中央・東



そしてそのサイトの運営者さんは、それを理解されていないようで、わたし個人としては他の方への影響を危惧しています



算命学は決して「自由な発想」が許されない学問で、それは確たる宇宙の「構造原理」の学問であるため、どんな思考や発想も必ず「構造原理」を踏まえて思考を展開させていく必要があるからです



つまり算命学に従事するわたしたちは「自分勝手な自由な発想」や「自然の摂理から外れた自分流の思考」の展開は許されていないため、まずはきちんと「型」を正確に自分のものにする





その型である「構造」を正確に理解することに努め、その「原理原則」を踏まえた上で、人を視ることが必要とされていますが、そのサイト運営者の場合、残念ながら「形無し」と言わざるを得ず



それを見られて、活用されている方がいらした場合は非常に誤解が多く「算命学」を謳っているだけに非常に残念なことです




(=命式の表示配列が間違っているため、その後に続く占技が応用出来なくなります)




ただ正直、世の中には正当な算命学とそうでないものがあるのが実状で



何を以てして正統かといえば、算命学は基本的には高尾義政宗家が世に出された(第12代万象学継承者である「呉仁和」氏から継承した古来より続く「万象学」の原理)ものをもってして「正当」というわけで


ご宗家なくして今日の日本での算命学の存在はあり得なかったわけですから、先人たちの功績を素直に受け止めつつ、算命学のさらなる発展のために最大限自分のエネルギーを寄与できればと考えています



わたしたちの生活の便利さ、これまで享受してきら教育・学問・文化のそのすべては「過去の先人の智の集積」によって、わたしたちの衣食住が「当たり前」のような姿で保たれているものです



わたしたちが「当たり前」をそのままに「認識」できるのも、過去の人々の功績のお陰であり、それは大抵、当時の「異端」や「革新」から繋ぎ出されていることが少なくありません(=龍高星)



地動説を唱えたガリレオが断罪されたのも当時の異端だったからですよね

わたしも自分事に置き換え、改めて背筋を正して道を極める所存です



どうか皆さんが「正当な算命学」とご縁がありますように




双蘭

閲覧数:10回0件のコメント

Subscribe

Join our email list 

Thanks for submitting!

メルマガに​登録して最新のお知らせを受け取る

bottom of page